BLOG

2019/01/21
by yuka

ルイスポールセン PH50 ペンダントライトが主役のダイニングキッチン

先日 お客様へカーテンとダイニングのライティングのご提案をさせていただきました。

 

カーテンレールは長年愛用中のダイニングテーブルの色に合わせてブラウンをご提案しました。

レールの線1本とはいえ、壁面も引き締め色に効果を発揮してくれます。

レースカーテンは淡いグリーンの生地をセレクトされました。

『レースは無難にまっ白』 という固定観念をちょっと崩してみると、案外オシャレな窓辺にぐぐーーんと⇗センスアップできたりするもので、

この様なレース選びは大変オススメです。

洗練された印象のこの生地の雰囲気から、ルイスポールセンのペンダントライトはスッキリとクールにミントブルーを合わせました。

テーブル面はペンダントライトで明るさを採り、壁面はスポットライトを両側に
つけて明るさを補いました。スポットライトは照らす方向を自由に調整でき、とっても便利です。

このカーテンとPH50のペンダントライトの色合いが、目立ちすぎることなく真っ白いシンプルなキッチン空間に映えています。

隣の洋室へはアクタスのロッジソファをご購入いただきました。

ナチュラルな床ともしっくり馴染むオーク材のアームソファがお部屋にマッチしています。

この度はホバートへ模様替えのご相談をいただきありがとうございました。





リフォームのご相談や資料請求、インテリアに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

CONTACT
ページトップへ